和歌山 太陽光発電

環境にやさしい無害のクリーンエネルギー。太陽光発電

太陽光発電の仕組み

太陽光発電とは、太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを電力に変換する発電方式のことです。

太陽光発電の仕組み
  1. 太陽電池パネル(ソーラーパネル)を設置し、太陽光エネルギーを直流電力に変換します。
  2. パワーコンディショナーで、直流電力をご家庭用の交流電力に変換します。
  3. 交流電力は、屋内分電盤を通じて各電気設備へと流れます。
  4. 発電した電力が余った場合は、電力会社に売電します。
  5. 発電した電力が足らない場合は、電力会社から買電します。

太陽光発電のメリット

太陽光発電の最大のメリットは、エネルギー源である太陽光がいつまでも枯渇することなく利用できる再生可能エネルギーであるという点です。しかも、発電時に地球温暖化の原因であるCO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスを排出せず、騒音もなく、とても環境にやさしい無害のクリーンエネルギーを生み出します。
でも、太陽光発電がやさしいのは環境だけではありません。太陽光発電は、家計にもとてもやさしいのです。

光熱費を節約できる!

太陽が出ている昼間は、太陽光発電システムで作った電気でテレビや冷蔵庫、エアコンなどの電化製品をまかなえます。使う電気の量よりも発電する電気の量が多ければ、電力会社の電気を買わずにすみますので、その間の電気代は基本的には無料です。
さらに、太陽光発電とオール電化を組み合わせれば、発電した電気をさらに有効に使え、大幅な光熱費の削減が期待できます。

オール電化との組み合わせで、さらにお得!

太陽光発電システムでは、発電量が足りない雨や曇りの日、発電ができない夜間には、電力会社から電気を買うことになります。関西電力のお得な料金プラン「はぴeタイム」に契約変更すれば、朝晩や休日の家族だんらんの時間帯(リビングタイム)と深夜(ナイトタイム)が、通常料金より割安になります。特に安い深夜(ナイトタイム)を活用して、夜間にエコキュートや電気温水器でお湯を沸かして溜めておくと、とても経済的です。

関西電力「はぴeタイム」

余った電気を売れる!

太陽が出ている時間帯に発電した電気はご家庭の電力として使う事ができるので、その分の電気代は基本的には無料です。そして、使い切れずに余った電気は電力会社に売ることができます。面倒な手続きや作業は一切。 毎月売った分の電気代が、電力会社からお客様の口座に入金されます。
昼間の電気使用量を控えれば、太陽光発電で発電した電気をより多く売ることができます。そして、夜間の安い電気を買って使用すれば、光熱費は大きく節約できます。特に、共働きなどで日中に電気をあまり使わず、夜間から朝にかけてよく使われる方にはたいへん効果的です。

災害時でも電気を使える!

多くの太陽光発電システムには自立運転機能が備わっています。災害などで停電になった場合でも、この自立運転機能を活用することで、昼間であれば太陽光発電による電力を使うことができます。さらに蓄電池と組み合わせれば、夜間でも電力を確保することができます。

太陽光発電のポイント

1.現地調査

太陽光発電システムは、方角、日照条件、屋根の形状と傾斜角度、屋根材、設置面積、などに左右されるため、お客様ごとにお勧めするメーカーも製品も設置方法も異なります。
また、設置できたとしても、屋根の方角や周囲の建物の影で太陽光が当たりにくいなど、発電効率が悪く太陽光発電に適していない場合がありますし、太陽電池パネルの枚数を増やせば発電量が増えるというものでもありません。
本当に太陽光発電に適しているかどうか?最低何枚のパネルが必要か?設置後に雨漏りなどのトラブルが起きないようにするには?美観は?など、事前にしっかりと現地調査することが大切です。

屋根の方角 東西南北の向きによって発電量が変わります。南向きが理想的ですが、太陽光が大気や雲に乱反射して到達する散乱光の働きにより、東西はもちろん北向きでも(発電量は低下しますが)発電することができます。
屋根の形状 一面に太陽電池パネルを設置できる切妻屋根は最適です。傾斜角度は30度が理想的。勾配がほとんどない陸屋根の場合は、架台で角度を調整します。
切妻屋根、寄棟屋根、入母屋屋根、方形屋根、片流れ屋根、陸屋根
屋根の材料 太陽光発電システムには、屋根と太陽電池パネルが一体になっている「屋根材一体型」と既存の屋根の上に設置する「屋根置き型」があります。
「屋根材一体型」は新築や屋根の葺き替え時に設置できます。「屋根置き型」の場合、和瓦、セメント瓦、金属瓦、化粧スレート瓦、カラーベスト、コンクリートなど屋根の材料によって強度が異なるため、太陽電池パネルの重さに耐えられるかどうかの調査が必要です。
屋根の面積 太陽光発電の損益分岐点を考えた場合、ある程度の発電量を確保しなければなりません。狭い屋根なら多少高価でも変換効率の高い太陽電池パネルの選択を、広い屋根なら面積を有効に活用できる太陽電池パネルの枚数などを考慮します。
日照条件 各メーカーの努力により変換効率は随分向上しましたが、日陰の影響はゼロではありません。周囲の建物や山の影などを考慮して、できるだけ日当たりのよい場所に太陽電池パネルを設置します。

2.メーカー選び

太陽電池パネルは、メーカーによって価格・発電量・形状が異なります。また、発電部分である太陽電池パネル以外にいくつかの機器(*1)を取り付けますが、パワーコンディショナーの電力変換ロスなどもメーカーによって異なります。
当社は、シャープ、パナソニック、三菱電機、京セラなど複数メーカーの製品を取り扱っていますので、数あるメーカーの製品を比較検討して、お客様のご希望や設置条件に合った最適なプランをご提案できます。

(*1)発電した直流電力を集めてパワーコンディショナーに送る接続箱、直流電力を家庭で使える交流電力に変換するパワーコンディショナー、交流電力を各電気機器に送る分電器、売電量と買電量を量る電力量計など。

シャープ シャープ
2010年における日本の太陽電池生産企業1位。量産技術が進んでいるので、導入費用を抑えることができます。太陽電池パネルも、架台などの取付金物も、種類が豊富です。
パナソニック パナソニック
太陽電池パネルの単位面積当たりの発電量は、世界最高クラス。他社の一般的な製品と比べると高価なので、導入コストは増加しますが、変換効率に優れています。
三菱電機 三菱電機
パワーコンディショナーは高い変換効率(最大97.5%)が特長です。また、少ないパネル枚数から設置できますので(最少3枚)、小さな屋根でも効率よく発電できます。
京セラ 京セラ
主力製品「SAMURAI」は、屋根形状に合わせて隙間なく小型の太陽電池パネルを設置していきますので、複合形状や寄棟屋根など複雑な屋根でも外観が美しく仕上がります。

3.長くお付き合いしていける業者選び

太陽光発電システムは寿命の長い商品です。何年か経って困りごとが起きた場合でも、すぐに相談できる信頼できる会社にまかせることをお勧めします。当社の場合、スムーズに太陽光発電を導入できるよう、ご相談から施工、関西電力への発電・売電のお申し込み代行、補助金申請の手続き代行までワンストップ対応です。設置工事後も快適にお使いいただくことができるよう、機器の万が一の故障や不具合はもちろん、発電・売電に関する些細な疑問など、アフターフォローにも迅速かつ丁寧に対応させていただきます。機器の操作説明なら何度でもお呼びください。
「うちは設置できるんだろうか? 費用は?」と思われたら、ためしにご相談ください。現地調査の結果、お客様にとって太陽光発電のメリットがないと判断した場合は、正直にお話し申し上げます。まずはお気軽にお電話ください。

施工レポート

有田川町 H邸:

弊社OB施主様からのご紹介のお客様。「太陽光発電システムを設置したい」とのご要望から、屋根瓦の形状に最適な金物の選定の結果、SHARP製で4.58KWのシステムをご提案させていただきました。
屋根が寄棟形状のため、東面、西面はどうしてもパネルの設置枚数が少なくなり、国や地方の補助金の額や電力会社への売電が不利となることを考慮したうえで、あえて南面と北面に設置。トータルでコストダウンすることができました。システムの償却も早まりそうです。

工事期間はパネル枚数や現場状況により異なりますが、通常2~3日間です。

①今回施工させて頂くお宅

②方角や屋根の形状を考慮

③足場の搬入

④足場の組み立て

⑤太陽光モジュールの搬入

⑥買電メーター、売電メーターを設置

⑦パワーコンディショナーを設置

⑧屋根に架台を取り付けます。

⑨いよいよ太陽光パネルの登場です。

⑩太陽光パネルを屋根に取り付けます。

⑪次々と設置されていきます。

⑫足場を撤去して施工完了です。

太陽光発電の施工例